• 2016.1.18
  • ミネラルファンデーションって普通のファンデと何が違うの? はコメントを受け付けていません。

ミネラルファンデーションって普通のファンデと何が違うの?

600-4

ミネラルファンデーションって、ここ数年、ドラッグストアやネット通販で見かけるようになりました。
「肌に良い」とか「24時間つけっぱなしOK」とか耳にしますし、美容液成分配合とかスキンケア効果もあるって聞きます。
でも、何がどう、普通のファンデーションと違うのかいまいちよくわからない((+_+))

調べてみるとミネラルファンデーションとは、天然の鉱物で作られたファンデーションを指す言葉なんだそうです。

そして、ほとんどのミネラルファンデーションが、無香料・界面活性剤・防腐剤などの人工物を含まない肌にやさしい処方でできているとのこと。
ほうほう、だからミネラルファンデーションは肌に優しいってされているんですね。
じゃあ、ミネラルファンデーションの成分ってなんなの?と思ったらミネラルファンデの主な成分としては、マイカ・二酸化亜鉛・酸化亜鉛・シリカなどで作られているケースが多いようです。マイカやシリカや酸化鉄などは毛穴を塞ぎにくい自然な原料でお肌に艶感や色を与えています。タール色素は不使用です。

また、酸化亜鉛、酸化亜鉛は、有害な紫外線であるUVA・UVBカットをする鉱物。SPF値は20程度で、軽い日焼け止めの代わりにもなる優れもの。

肌に良い物をえらんで作られているのがミネラルファンデーションなのですが、なかには「ナンチャッテミネラルファンデ」もあるみたいです。

ミネラルファンデの定義自体はミネラルが少しでも配合されていれば「ミネラルファンデ」を明記することが出来ちゃうんですって。だからミネラルは少しプラス化学成分たっぷりのミネラルファンデもあるらしい。恐ろしあ。ミネラルファンデーションを選ぶ際には、必ず成分表を確認するようにしましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る